MENU

育毛剤で伸びるくせ毛の関連性

育毛剤は毛を成長させる製品

 

頭皮に使って効果を得る育毛剤は、毛の成長を促す作用があります。育毛剤の効果は頭皮の状態や部位によって違いますが、どの様な毛であっても栄養を与え成長を促進させます。

 

つまり自毛や白髪といった色に関係なく、毛染めの影響も受けず成長を促す事が育毛剤の特徴。毛の成長を促す事を目的に開発された製品なので、薄毛を改善したい場合の使用に適しています。元々くせ毛が生えていれば、成長と共に目立ち始めるので、気になる場合は使用前に注意が欠かせません。

 

育毛を行う場合は

 

薄毛治療の優先度によって、手当やケア方法に違いが生じます。少なくてもくせ毛を直す事が目的の製品ではないので、用途を間違わない事に注意が必要です。

 

くせ毛も育毛剤で成長します

くせ毛は薄毛と直接関係していなければ、育毛剤を使用する事でストレートな毛と同様の効果が得られます。ただくせが薄毛の進行によって出始めた場合は、治療を進める事で逆に改善される可能性があります。

 

いずれにしても育毛剤の基本は毛の成長を促したり、太さを変える栄養を与える事が主な働きで毛のくせ自体は、生まれつき持っている特徴であったり、後天的に後から出始める二つのケースがあります。

 

薄毛の悩みが深刻な時は

 

毛の生え方を後回しに考える事も出来るので、状況に応じて使うか否かを検討する事が大切です。くせ毛の問題は整髪剤やパーマによって補正出来るので、薄毛に対して深刻さは比較的小さいといえます。

 

くせ毛の人に注意が必要な育毛剤のポイント

頭髪の育毛はケア製品や薬の影響で毛の生え方が変わったり、髪質が変化してくせが発生する場合があります。太さ方向に成長する効果は、髪を硬く強固な状態に変えるので毛の流れが固定され易くなります。

 

針金の様になる人は稀ですが、柔らかい髪質とは全く異なるので必要なケア方法にも違いが発生します。現状で薄毛よりも毛の生え方が気になる部位は、あえてケアを見送る選択肢もあります。

 

深刻な症状の部位にだけケアを行えば不必要な育毛の影響を与える心配がないので、毛の生え方を気にする必要がなくなります。育毛を開始してからくせが生じる場合もあるので、始めた後に生じるリスクを理解したり、変化を許容出来る心構えが必要です。

 

 

>>毛生え薬 副作用なしの育毛剤 TOP