MENU

女性の間でも広がる薄毛の悩み

薄毛は本来伸びきった後に弾力性が無くなり役目を果たさなくなった毛を自発的に抜くことで新しい毛を生えやすくする仕組みが、何らかの原因によって伸びきる前に役目を終えて無い毛を抜いてしまうことで頭皮がむき出しの状態になることです。

 

これまでの薄毛に悩むのは30代前半からの男性の悩みとして多かったのですが、これまで無縁だった女性の間でも広がりを見せています。女性の間でも薄毛の悩みが増えているのは

薄毛の原因の一つに生活環境の乱れがありそれが積み重なることによって女性の中でも薄毛の悩みとして増えているのです

そのため女性の間でも使うことが増えているものが、薄毛予防につながるとされている毛生え薬の使用量です。

 

毛生え薬とはどんなものなのか

毛生え薬というのは別名抗ホルモン剤と呼ばれるものであり、その名の通りにホルモンの活動を抑制する薬です。先に言ったとおりに毛は役目を終えると抜け落ちるようになっていますが、その仕組みを支えているのが体内の神経に作用するホルモンの存在です。そのホルモンが生活の乱れで異常をきたすと、薄毛の原因である伸びきる前に抜け落ちることが発生するのです。

 

しかしそもそも毛根がある限り何度でも伸びることは行われているので、その抜け落ちるホルモンを抑制すれば伸びる力が上回ることで自然と頭皮が埋まっていくことになります。しかし薄毛対策として毛生え薬は効果があるのは確かなのですが、其の使い方を誤ると特に女性においては体に大きな負担をかけることになるので注意が必要になります。

 

女性が妊娠して妊婦のときには注意がいる

妊婦

薄毛予防で毛生え薬を使う上で女性が注意することというのは、その女性が妊婦であるということです。女性の人生にとって一大イベントと言えるのが新しい命を宿すことを意味する妊娠ですが、その時というのは体の中で胎児を育てるために体の中のホルモンが活発に動いている最中となっています

 

その妊娠中のホルモンが動いている段階で、毛生え薬の抗ホルモン剤を使うと退治を育てるために必要なホルモンの動きを弱めてしまうことになります。そのため女性にとって見た目の美容は大事な部分ではあるのですが

妊娠している妊婦にとっては抗ホルモン剤を使うということは胎児や自身の体にも何らかの影響を与えることになるため出産して子供が乳離れするまでは毛生え薬を使うことを控えることが賢明です

 

 

>>毛生え薬 副作用なしの育毛剤 TOP